愛媛、時々フランス

愛媛の日常、フランス生活。 レスポワ店主のブログです。

Notaireへ・・・

Reims 晴れ

暑いけど、連日の猛暑日に比べれば・・・




さてさて、今朝、Notaireのオフィスへ。
事前に要点をメールしていたので、それも読んでくれていて、いくつかのアドバイスをしてもらいました。
その足で、住宅メーカーへ。
第二回目の施主検査の日を決めてきました。
それまでに、銀行小切手が届くと良いのですが・・・

Notaireからのアドバイス。
仮に、問題があっても法的に有効な書類(PVという)が作成されるので、普通であればそのPVに沿って手直し工事がされる事。
その後、問題の部分を直さなかったり、施工されない部分があったら弁護士を介して手続きを進めなければならない。
と、いうことらしい。
また、契約書に書いている通り、銀行振り出しの小切手で支払う手続きを取っているので、個人の小切手を用意しろ。
という、相手の要求は放っておいてOK

玄関先の落とし穴!?についても、安全性の問題で、壁を付ける付けないの問題ではないから、埋めてもらうようにPVに記入し、サインを貰いなさい。
Notaireも、玄関先の画像を見て、ビックリしていた。
これで、受け取りのサインをしようとしてたんですか?と聞かれる始末・・・
が、これに関してはどっちに転ぶのか・・・!??


そして、排水溝の問題も論外だと!(苦笑)
これは、契約時の図面に排水溝があるので、施工してもらえるはず。
前回、暴れたことを言っていた担当者の要求も無視して良いとの事。

Notaireは、日本で言う司法書士のような仕事をしているので、弁護士のようにはいきません。
アドバイスぐらいしかできないんだって・・・
一応、建築関係に強い弁護士を紹介してもらえるか聞いたのですが、弁護士に頼むのは最後の手段にして、出来る事から進めていきましょう。と言われ、、、
一般的に、弁護士に頼む前に解決する事が多いそうです。
が、今までの事を思い返すと、そうはいかないような気がする・・・


せっかく建てた家の事で揉めるのは、本当に腹ただしい。
ケチケチプランの家だけど、ここにあれ置いてこれ置いて、こんなの植えてと考えていると楽しいし、まだ住んでもいないのに既に愛着もわいている・・・

しかし、こうやってNotaireへ行く事とか、フランスの法を勉強する良い機会!?



さて、これからどうなるか、こうご期待^^

とりあえず、早くカギちょうだ~い! 
そろそろ、サンダーかけ、ペンキ塗りをやらせて~~><
切実・・・

関連記事
  1. 2015/07/06(月) 20:34:33|
  2. 家探し in ふらんす

プロフィール

ゆうゆう

Author:ゆうゆう
新居浜市内のとある畑のすみっこにて…
プレハブ小屋を改装して、フランスのブロカントを再現した空間 mon grenier がオープンしました。


それに伴い、以前のHPを閉鎖した為、以下のメールアドレスが使えなくなっております。

使えない旧メールアドレス:yukiyoshida●lespoir-antique.ocnk.net

現在のメールアドレス:info●mongrenier4936.com

●を@に置きかえてください


RESERVA予約システムから予約する

経歴はこちらからどうぞ



Click for ランス, フランス Forecast

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

visiteur

order allow,deny allow from all deny from .fr