愛媛、時々フランス

愛媛の日常、フランス生活。 レスポワ店主のブログです。

誤差9cm

Reims 晴れ時々くもり

住宅の建設において、フランスでは5%だったか4%だったかの誤差が許されているそうです。

で、我が家の壁に9cmの誤差があった・・・
この9cmの数字は全体の2%に満たない誤差。



その誤差というのが、キッチンの壁。
誤差前の数値でキッチンの注文しちゃってますよ ><
まだ、図面の段階で発注されていないのがせめてもの救い。
壁から9cm、キッチンのカウンターがはみ出すのはあきらかなんですねぇ。
9cmっていうのは小さいようで、結構な誤差です。

これも、担当者から苦し紛れの言い訳メール&私たちの計算の仕方が悪い(なので誤差とは言わない)etc...
とか言われる始末・・・。
「ごめんなさい・もうしわけございません」が言えないフランス人。
謝られたところで、9cmの誤差が消えるわけじゃありませんが。
フザケルナ!
それに、木曜日には水道管と排水管の位置が間違っていることにも気づいて・・・


そして、今朝、現地にて4者面談?5者面談?してきました。
営業担当者・営業担当者の子分(親日家)・キッチンの設備やさん・私たち
と、現場の男の子たち。

IMG_2273_redimensionner.jpg

さて、どうしたものか。
ど素人の私が図面を見ても、ここに水道管・排水管はこないでしょう!!
という位置に排水管2本きています。
ひとつは流し台用、もうひとつは食洗器用。
食洗器を付けるなんて、ヒトコトも言ってなければ図面に食洗器も入ってません。
どなたのお宅の図面を見ているんでしょう?
それに、9cmの誤差問題が解決されぬまま、排水管の穴を開けるってどういうこと!?





思い返せば、最初から色々と問題ありました。
順を追って彼らのミスを箇条書きにしていくと。

1.窓の付け忘れ
付けてもらったので、良しとする。

2.書斎と部屋、洗面所のコンセントの位置が違う
書斎と部屋のコンセントの位置は諦めることができるけど、洗面所は変更してもらう約束

3.穴だらけの洗面所
穴の塞ぎ方が気に入らないので、やり直してもらう約束をした
本当は壁ごと取り替えてもらいたいぐらい。

4.引き戸の部分のキズと例のサッシのパッキンの穴
交換してもらえるらしく、それも手配済み(らしい)

5.キッチンの壁と水道・配管の位置
今晩、改めてキッチン担当の人と打ち合わせ
配管はずらしてもらう事に決定


ついでに、他の部分も色々チェック。
家自体はしっかりしているそうなんですよ。
お向かいさんや、ご近所さん(元建築関係)から、そのように聞いているので。


IMG_2274_redimensionner.jpg

IMG_2276_redimensionner.jpg

IMG_2278_redimensionner.jpg

IMG_2281_redimensionner.jpg


ワタクシ、フランス人にパーフェクトな仕事を望むことは、とうの昔に諦めております。
なので、絶対何かトラブルはある。と、最初から覚悟はしているのです。
しかしですね、こう続けてミスやらトラブルがあると、普段おとなしいワタクシでも言わせてもらいますよ・・・
私だって、あんな言い方したくないんです。
もしかしたら、もっと遠回しで丁寧な言い方をしたほうがよかったのかもしれませんが、そんな語学力持ち合わせておりませんから!!


まだまだ書き足りない事がありますが(笑)
本日はこの辺で・・・
ごきげんよう!
関連記事
  1. 2015/05/04(月) 15:29:53|
  2. 家づくり

プロフィール

ゆうゆう

Author:ゆうゆう
新居浜市内のとある畑のすみっこにて…
プレハブ小屋を改装して、フランスのブロカントを再現した空間 mon grenier がオープンしました。


それに伴い、以前のHPを閉鎖した為、以下のメールアドレスが使えなくなっております。

使えない旧メールアドレス:yukiyoshida●lespoir-antique.ocnk.net

現在のメールアドレス:info●mongrenier4936.com

●を@に置きかえてください


RESERVA予約システムから予約する

経歴はこちらからどうぞ



Click for ランス, フランス Forecast

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

visiteur

order allow,deny allow from all deny from .fr