愛媛、時々フランス

愛媛の日常、フランス生活。 レスポワ店主のブログです。

フランスで日本食生活

Reims

いつも、何を食べているんですか。
と、聞かれました。 フランス料理のフルコースを少々。と言いたいところですが嘘はよろしくないね。 
普通の食事なのでおもしろみにかけますが、先週末ゲットした食材
DSC_3121_redimensionner.jpg


こんにゃく2.85ユーロ(約400円)
きんぴらにしようか、おでんにしようか。
冷凍保存できないのが難点

おかめ納豆3パック入り4.25ユーロ(約550円)
1パックはタイ産のおくらと混ぜ混ぜコース。
残りは冷凍保存。

おくらともやしは量り売り。
そして安い。
もやしは、Lardonと言われるブタ肉の塩漬け?と一緒にバターで炒めてちょろっと醤油をたらす。
Lardonは塩分・油分を取り除くために下ゆでをしておく。
下ゆでをすると、ブタ臭も無くなる。

ご覧のとおり、日本のスーパーで100円出せばおつりが出るものが、
こちらではビックリこのお値段。
頻繁に購入できませんが、時々買ってちょっと悦にいってます。
納豆嫌いのフランス人の前で、納豆を混ぜ混ぜして臭いを振りまきながら、あったかいごはんにのっけて食べるのが私流
(嫌がらせとも言う)


こちらは先日、初めて作ったお茄子の揚げびたし。
賞味期限の切れた(笑)かつおぶしをまぶして。
DSC_3105_redimensionner.jpg

そうそう、こんな感じの食生活です。
夕食はごはんにプラスα何かを。
食後は真冬でもアイスクリーム。

まだ20代の若かった頃は、夕飯にパスタやバゲットでもよかったのですが、年齢とともに米!米!
と、私の胃袋はごはん粒を欲しがっているようです。
お魚はほとんど食べません。
魚臭いと苦情がでること、フライパンでお魚を焼くので、フライパンにもお魚のにおいがついて、翌日、そのフライパンでオムレツなんぞを作ると、魚臭いオムレツになるからです。

関連記事
  1. 2013/05/31(金) 15:19:01|
  2. 優々な日々(フランス編)

プロフィール

ゆうゆう

Author:ゆうゆう
新居浜市内のとある畑のすみっこにて…
プレハブ小屋を改装して、フランスのブロカントを再現した空間 mon grenier がオープンしました。


それに伴い、以前のHPを閉鎖した為、以下のメールアドレスが使えなくなっております。

使えない旧メールアドレス:yukiyoshida●lespoir-antique.ocnk.net

現在のメールアドレス:info●mongrenier4936.com

●を@に置きかえてください


RESERVA予約システムから予約する

経歴はこちらからどうぞ



Click for ランス, フランス Forecast

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

visiteur

order allow,deny allow from all deny from .fr