愛媛、時々フランス

愛媛の日常、フランス生活。 レスポワ店主のブログです。

バッシング

marne 晴れ

昨日、おやしらずを抜いてきました。

左下なので、いつもの歯医者さんのところでは抜けず、別の歯医者を紹介してもらいました。

涙があふれるぐらい恐ろしかった。
と、いうのも、、、

右下の親知らずは、昔日本で抜いていたのですが、特別に痛い嫌な思い出はなかったのです。
今回も普通に過ごしていました。



それがですよ!
研修医か何かの若造にぎこちなく対応されるわけですよ。
まさか、この人に抜かれるのかい!?
なんだか、頼りない高校生のようだが・・・
と不安は募ります。 が、すぐさま前回のおじいちゃん歯医者が登場。
穏やかな表情。 でも、しっかり説明してくれる、何か質問はないですか?
と、不安要素を取り除く、あのおじいちゃん歯医者の出番!
待ってました~!
ちゃちゃっと麻酔。安心しました。


この若造は、難しい試験を突破した優秀な人なんだろう。
そう、誰にでもこういう研修時期はある!
と、自分に言い聞かせます。
こうやって、良い医者が生まれるのだ。
しかし、自分には当たってほしくないのが本音。

私の心境はさておき、

結局、私の予想通り、使えない若造は道具の準備がまともにできず、オロオロ。
おじいちゃん医者も、これじゃない、あれがないと言い出し、イライラを募らせついに出た。
あの言葉。

はぁ~(大きなため息)

PUt**n


その時、既に私は診察台で横になっている。


私の顔の上で二人とも静かな言い争い。
○○、○○ ぴゅーたん!の繰り返し。。。


「じいちゃん、やめて、落ち着いて!」 という私の心の中の叫びはむなしく、ゴリゴリ・ガリガリと始まりました。
若干、雑な感じがするのは気のせいか?
下あごに何かが響く・・・
道具をガチャガチャ、音を立てて戻したり、というのが非常に恐ろしい。
そこじゃない、ここ!
と、唾液を吸い取る道具の位置が悪いと、冷たく指示するおじいちゃん。
おいおい、こんなんじゃ、いい人材が育たないよー!
それに、若造よ!
準備ぐらいは自分で完璧にこなそうよ・・・
必要な物がわからなかったら、しゃくだけど、じいちゃんに聞こうよ・・・



私のほっぺたは、夕方からだんだん腫れてきてしもぶくれ。
そして青いあざ(笑) 
夜中に痛みで起きて、鎮痛剤を服用。
おかげさまで、ぐっすり寝ることができました。


今日になって、
「親知らず 下の歯 抜歯」 と検索すると色々な情報が・・・
これ、抜く前に見てなくてよかった。
心の底から思いました。





関連記事
  1. 2017/07/13(木) 09:42:44|
  2. 優々な日々(フランス編)

プロフィール

ゆうゆう

Author:ゆうゆう
新居浜市内のとある畑のすみっこにて…
プレハブ小屋を改装して、フランスのブロカントを再現した空間 mon grenier がオープンしました。


それに伴い、以前のHPを閉鎖した為、以下のメールアドレスが使えなくなっております。

使えない旧メールアドレス:yukiyoshida●lespoir-antique.ocnk.net

現在のメールアドレス:info●mongrenier4936.com

●を@に置きかえてください


RESERVA予約システムから予約する

経歴はこちらからどうぞ



Click for ランス, フランス Forecast

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

visiteur

order allow,deny allow from all deny from .fr