愛媛、時々フランス

愛媛の日常、フランス生活。 レスポワ店主のブログです。

ぶどう摘み

ランス 曇り

ぶどう摘みの期間がずれました。
18日からです。

ただ、それだけです。

  1. 2008/09/15(月) 04:34:37|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどう摘み(Vendange)

トレパイユ 晴れ

5時起きです(ブロカントで慣れている)
実は、事情により、日曜日までは家から畑まで通うことになりました。

私の免許証が8月で切れているので、アレックスさんが迎えに来てくれます。
ありがたい。。。

さて、これからは泊り込みなので、
帰ってきてから、写真付きでぶどう摘みの様子をアップします!
  1. 2008/09/18(木) 04:47:47|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫1日目

トレパイユ 晴れ

5時起床
6時出発
6時半過ぎ到着
朝食
7時過ぎ収穫開始
休憩しながらお昼の12時までみっちり。
最初の休憩では、2度目の朝食が始まります。
13時半 午後の収穫
またまた、休憩をしながら17時時半までみっちり。

次の日からは6時半に出発することになりました。

さて、ぶどう摘みは腰を曲げての作業、かなり背中が痛かったです。
普段使うことのない、背中の筋肉を使って、ひたすらせっせとぶどうを収穫します。
ぶどうが入ったかごは、結構重いです。
この背中の痛さはどう表現すればいいのでしょうか。
一日中、背筋運動をしている感じです。


そして、ふと見渡すと、一面ぶどう畑。
ぶどう畑を車で通り過ぎることがあっても、ぶどう畑の中に入ったことはありませんでした。
おおおっ! 私、ぶどう畑にいる! と実感。
vigne.jpg

vigne2.jpg


それにしても、ぶどう摘みに来ている人たちは、よく働きます。
よく動くし(体も口も) よく食べ、よく飲み、よく笑う人たちでした。


dejeu.jpg朝から、こんなものを食べます。ソーセージやパテ・テリーヌ。
私はヌテラ(チョコレートクリーム)をパンにはさんで食べるのみ。


raisan.jpg午前中の収穫だけで、こんなにもたくさんのぶどう!
収穫した日のうちに、プレスします。

家に着くのは7時前ぐらいです。
ちょうど、帰宅ラッシュなので、朝より倍の時間がかかりました。

この日は、帰って、ビール飲んで、お風呂に浸かって、マッサージ。そしてすぐに寝ます。
次の日の朝の辛いこと…
ええええ!もう、朝が来た!!??



  1. 2008/09/18(木) 20:20:32|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫2日目

トレパイユ 晴れ

気がつくともう朝でした。
疲れは取れることなく、朝がきて、よろよろとしながらネット。
コーヒーを飲んで、準備をして、アレックスが来るのを待ちます。
まだ、風邪をひいていたせいか、鼻水が止まりませんでした。
ティッシュをポケットに入れて、いざ出発です。

行く途中、森を通り抜けるのですが、その道中、ウサギが飛び出してきました。
多分、しゃいでない(愛媛の言葉です。標準語で何ていうんでしょう?ひいてない?)と思いますが、
道路に出てきた、うさぎの光る目は怖かった!


朝、無事に着くと、朝食が用意されているので、コーヒーとパウンドケーキをいただきながら、他の人の到着を待ちます。
この時間、けっこう苦痛でした(お昼もですが)。
知らない人ばかりで、しかも北の地方の人。 朝から声も大きいし、冗談ばっかり言っています。 
ランスもどちらかと言えばフランスの北のほうですが、もっと北の方から来ているシュティと呼ばれる人たち。
この人たちのことを知るには今年の春ぐらい?に
話題になった映画「Bienvenue chez les CH'TIS」を見るのが一番です。
私は見たことがないのですが、アレックスがシュティと仕事しているようだ。とつぶやいていました。

そう、なぜこの時間が苦痛だったかというと、、、
とりあえず、日本人なのでいろいろな質問をされます。
※最後に、「ぶどうの収穫サイドストーリー」を書くので、しばらくお待ちください。

さて、肝心のぶどう摘み。
背中が痛くて…腰を曲げるのが大変!
他の人たちは、おしゃべりをしながら、テンポよく、パチパチパチパチ…と
慣れた手つきで素早くぶどうを摘んでいるのに、、、
私とアレックスときたら、しゃべる暇もなく、皆に追いつくために必死でした。
しかも、割と丁寧なアレックスは「ゆーき、ここ摘み残しがある」と
ご丁寧にも、小さな小さな3粒ほどしかない房まで丁寧に摘んでいました。


そして、朝の休憩。 やっぱり、朝からビールにソーセージ。

ちょうど、気球が空を飛んでいました。
皆、気球に乗っている人に大声で話しかけていました。
「ヤッホー!」「元気~~!」とか、
「南のボルドーから来てるの~~、それで、家まで連れて帰って~~」とか、
嘘ばっかり! 北の方から来てるじゃないの!と突っ込みたくなりましたが…
mongolf.jpg


ぶどう畑は広く、皆で共有しているので、ここからここまでは自分のぶどう畑!と印をつけています。
一つの畑で大体10列ぐらいだったような。
一つの区画が摘み終わったら、次の区画へ移動。 
この移動には、トラックの荷台や護送車のようなバンを使います。

休憩中は、ひたすら写真を撮っていたのですが、
日本人はいつもカメラを持っているのね。とお決まりのセリフを言われます。
日本に来るフランス人は大きなカメラを持っているのよ。と言い返します。
これも、お決まりのセリフです。

voiture.jpg
この町は、結構整備されていたり、家も建て直されていて、そんなに古い町ではありませんでした。


  1. 2008/09/19(金) 14:40:54|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫3日目

トレパイユ 晴れ

だんだんと慣れてきました。
3日目は背中の痛みも無くなり、仲間の名前も少し覚えて。

そして、また気球が空を飛んでいました。
mongol.jpg
皆、大声で叫ぶ

今度は頭上を通り過ぎます。
CIMG2639.jpg
これに乗りたいっ!と密かに企んでいます。


そして、ぶどうを食べている人発見。
隠れて、こそっと食べるのではなく、
「うんっ!うまいっ!」
と、むしゃむしゃ。
洗ってない手(もしくは手袋をつけたままの手)でぶどうを摘んで、
洗ってないぶどうを皮ごと口に入れて、ププッと種を出すのが、
シュティ流のようです。

paysage.jpg

paysage2.jpg
トレパイユは小さな村です。

cave.jpg
夕方、いっぱい飲む?と言われて、
ほいほいとカーブ(地下のシャンパンが眠るところ)に連れて行ってもらいました。

坊ちゃんは、ここを継ぐためにシャンパンの学校へ通っています。
ほとんどの学生は、家がシャンパン農家の息子たちだそうです。
そして、習ったことを、いろいろと大きな身振り手振り、教えてくれました。



  1. 2008/09/20(土) 08:35:16|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫4日目

トレパイユ やっぱり晴れ

今日は、アレックスにとって最後の日です。
明日からは、いつも通りの彼の仕事が始まります。
いつも、お昼前になったら、アペロの時間♪という音楽を携帯電話から流してくれたアレックス。
アペロとは、アペリティフの略語で、
フランスでは皆が揃って食事をする時は特にアペロの時間をもうけています。
食前に、おしゃべりしたり、軽く飲んだり食べたりしてから前菜にはいるのです。
それがアペロの時間。 明日から誰がこの音楽を流すのかな~。

アレックスがアペロの時間を流すと、
みんなが作業の手を止めて、さぁ帰ろう!とさっさと車に乗り込みます。
こういう切り替えが早いのです。
ダラダラと、まわりの手が止まるのを待っていたりしないのです。
きりのいいところで、手を止めて。 ではなく、キリがいい悪いではなくて時間だから止めるのです。


そして、この日から私は皆と屋根裏で共同生活。
共同生活1日目、とんでもない失敗をしました。

まず、シャワー。
初日というのもあり、気を使ってくれて、先にシャワー浴びておいで。 
と、先にシャワーを浴びることに。
この浴室の小さいこと!
お湯を出しっぱなしで、洗っていると、最後はなんとなく、お湯の温度が冷たくなって…
お湯は、一度、電気であたためてタンクに溜めて使います。
タンクの中のほとんどのお湯を、私1人で使ってしまい、他の人は4時間ほど待つことになったのです。
幸いにも、シャワー室は2ヵ所あるので、待てない人は別室(男性用)のシャワー室を使っていました。
明日から、ゆーきは最後ね。サラリと言われました。

そして、夕食の前、皆で一杯やろう!とお隣の部屋に皆集合。
坊ちゃんがシャンパンを持ってきてくれました。 ヤッタ!

そして、アメリちゃんとヤン君がカップルだということを知ってビックリ。
へぇ~、カップルでぶどう摘みに来るんだ~。
なんて、話していると、知り合ったのがここ。
このぶどう摘みで知り合って付き合うことになったんだって!
いいねぇ。こういう話し好きよ~~。
この共同生活の日から、今までほとんど話しもしたことがなかった、アメリとヤンと仲良くなったのです。
同室のブリジットさんは、私のことを「マ・プティトゥ・ユーキ」と呼ぶようになりました。
(マ・プティトゥ~ っていうのは、自分の娘や彼女・妻などを呼ぶときによく使います)

この晩、夜中に目が覚めて… 熟睡はできませんでした。


  1. 2008/09/21(日) 09:02:20|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫5日目

トレパイユ 晴れ

朝、黒人の男性トニーがアレックスの代わりに加わりましたっ!
パチパチパチノシ

私とトニーがペアになって、ぶどうの木を攻める。
そして、ブリジットや他の人たちが、輪になってトニーを攻める。
少し礼儀などに欠けるブリジットは、失礼な発言を繰り返し、
相手の立場になって考えることなく、何の落ち度もないトニーをいじめ倒した(笑)
幸いにも、トニーは穏やかな人柄、笑って済ませていました。苦笑いというやつです。
悪気は無いとは思うけど、ブリジットときたら、、、

さて、トニーは南米のなんとか(名前を忘れた)という国からやってきた36歳。
黒人というと、アフリカのどこかの国から来ていると思っていたのですが違ったようです。
さらに、ランスに住んでいることが判明。
携帯電話で撮った画像を見せてくれました。


そして、作業が終わって屋根裏へ戻ると、明日で終わりだろうね~。
という話し声が、、、
そういえば、もう5日もぶどう摘みをしているのかぁ。としみじみ。
坊ちゃんも5日前後と言っていたし。
明日はもっとたくさん写真を撮ろうと決めました。


食事の前には、やっぱりみんなで飲みます。 アペロの時間です。
みんなに食べさせようと思って、持ってきていたわさび味のスナック。
あのグリーンピースのフライです。
おじさんたちに、辛いから、気をつけてね。 
喘息の人はいない?喘息の人は食べないでね。 と念を押して食べさせました。
おじさんたちは、目に涙を浮かべながらも、おいしい。と…
涙がでるほどおいしいのかいっ? と突っ込みながら、、、

そして、おじさんたちの逆襲がはじまりました。
あとから来た人たちに、
「ゆーきが持ってきた日本のアペロはおいしいよぉぉ~~」と言いながら、
わさびということを告げずに食べさせると、

アメリ「うぇえぇぇぇぇえええ~~~」
フランソワーズ「ヲゥェェェエエエエエエ」
ブリジットゴホッぐぉえぇぇぇぇえええええ
女性陣は吐き出してしまいました。
ブリジットのダミーな声と吐き出す音は、今まできいたことのない音程で…

おっさんたちは、おいしいおいしいと食べていましたが、、、 本当においしかったのかしら?

そして、夜。
ブリジットの豪快なイビキで寝付けず、、、
隣の部屋をちらりと見るとまだ起きているようだったので、ウィスキーをいただくことに。
でも、やっぱり、夜中と明け方に目が覚めました。
他の人たち、5日もよくここで生活してるなぁ。と感心。 たったの5泊と思えばいいのですが、
ぐっすりと眠ることは出来ないはず。 それに、疲れているし。

rais.jpg
あっという間に箱いっぱいになります。
voit.jpg
左の車(ちなみに日産)の後ろに牽引してぶどうを運び、
右の車の前と後ろに分かれて私たちは移動しました。


  1. 2008/09/22(月) 13:20:39|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫6日目最終日

トレパイユ 晴れ

昨日の噂どおり、最終日でした。
お昼過ぎ、全ての畑のぶどうを摘み終えました。
ぶどうを積み終わると、ぶどうを投げ合うそう。どうやら習慣らしいです。

私はこれ以上服を汚したくないので(既にぶどうの果汁でべったりしていました)写真を撮ることに。
結局、最後はずぶ濡れになったのですが。

lesvignes.jpg
あちこちで、ぶどうの収穫をしていました。


そして、畑から家までは、クラクションを鳴らしながら、収穫の終わりを村全体に知らせます。
そういえば、私たちが収穫している時もクラクションが長いあいだ鳴っていたなぁ。
とその時気づきました。

final.jpg

final2.jpg
マチャス(写真右)は最後は車から身を乗り出して、
終わった~~~! 私たちは終わったぞぉぉ~~~! と大声で叫んだり歌っていました。

私は目に入った砂埃が痛くて痛くて…

家に着くと、バケツに入った水が待っていました。
坊ちゃんずるい! 先に帰って、そんなものを用意するなんて!
大人たち、皆、水をかけあって遊んでいます。
バケツが足りず、ホースの水をそのままシャーーーー!っと。
 

ぶどう摘み、疲れたけど、かなり楽しかったです。
この車の中で良く聞いた音楽とか、ぶどう畑のにおいとか、フランスに来て一番楽しかったことは?
と聞かれたら、ブロカント(蚤の市)より、ぶどう摘み!と言いそうです。


もっとここに居たかったなぁ。と思いながら、少し村を散歩することに。
egli.jpg
残念なことに、かなり地味な教会でした…

plantrepail.jpg33軒のシャンパン農家がこの小さな村にはあります。



  1. 2008/09/23(火) 14:26:20|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫サイドストーリー1

ランス 晴れ

ぶどう摘みから帰ってきて、溜まっていた小包の発送&写真の整理に追われました。
忘れないうちに、ぶどう摘みのことは記事にしないと!と思い、下書きだけはササッと書いて。
写真はありません。

【初日の出来事】
さて、ぶどう摘みの初日、名前・住所・出身地・SSナンバー(保険証の番号?)
などを記入しなければなりませんでした。
皆の目線が私の書く紙へ… そんなに見つめないで…
「日本語で書くのかと思った」
「えっ?ヤマモトじゃないの?」などと野次をとばされながら。。。
それにしても、ホンダやスズキならわかるけど、なぜヤマモトなのか、いまだにわかりません。
ヤマモトという有名な人っていますか?

アルファベットで自分の名前をかくとゆうきはYUKIです。
すると、
「YUKIってネージュ(雪)のことだよね~」と!
皆、良く知ってるなぁ。 
でも、残念!!私はネージュじゃないんだよ!
めんどうくさいし、病み上がりで鼻もつまっている(関係ないかな?)ので
私はネージュ。そういうことにしておきました。

ぶどう摘みスタート前、一番最初に注意されたことは、指を切らないこと!
必ずこの期間中、指を切ってしまう人がいるので注意してね。と執拗に注意されました。
自分の指でなくても、葉っぱで隠れて、相手の指を切ってしまうこともあるそう!
これだけ念を押されたにもかかわらず!
初日、アレックスは、ものの1時間もしないうちに、小指をさっくりと切ってしまいました。


【日本人って???】
ここにいた、フランス人全員が日本人(私)に対して不思議に思ったこと。
毎日毎日、日中の日差しが強かったので、日焼け止めクリームを塗ったり、
ハイネックの長袖を着ていると、
不思議そうに、なんで、日焼けするのが嫌なのか聞かれます。
ブロンゼ(日焼けした)肌が自分には似合わないし、美しいとは思っていないこと、
皮膚がんのリスクが高いこと、
30代・40代になっても、きれいな肌でいたいことをアピール。
日中、太陽が照って暑い時もハイネックと日焼け防止の黒い手袋でガードしました。
それでも、手の甲は少し日焼けしていました・・・


【フランス人って…】
怠け者じゃないフランス人もたくさんいますが。
週35時間労働でバカンスいっぱいで、フランス人ってあまり働き者ではないイメージがあったので、
このぶどう摘みも、実はなめていたのですが、この人たちは本当に良く働いていました。
自分の区画が終わったら、まだ終わってない私たちのところに来て、一緒に摘んでくれたり。
でも、やっぱり休憩の多いこと!
朝7時半から12時まで、長い休憩30分程と、ちょこちょこ10分程度が2~3回程。
午後も同じように。


【仲間に対する呼び方・おはようのあいさつ】
「あなた=YOU」 英語
「あなた=VOUS」 フランス語
「あなた=TU」 これもフランス語
一番困ったのは、呼び方と挨拶。こんな些細なことで私の頭の中はパニックです。
フランス語の「あなた」は、その人との距離(親しいかそうでないか、年上かどうかなど)で変わります。
英語ならYOUですね。 フランスでは「TU」か「VOUS」です。
もちろん、年上のおばさんやおじさんは私のことを「TU」で話しかけてきますが、
私はどうやって呼べばいいのか???
相手が親しんでTUを使っているのか、ただ単に、年下なのでTUを使っているのか。
相手がTUで話しかけているのに、わたしが相手にVOUSを使うのはいいのかどうか?
そして、挨拶は握手でいいのか、ビズをすればいいのか。 ビズなら何回すればいいのか?
フランス人の挨拶はめんどうです。男性同士は握手のみで家族とかであれば男同士でもビズ。
女性同士は大体の場合ビズ。右と左の2回のビズだけでいいのか2回ずつの4回なのか。
フランス人の挨拶、めんどくさ~~~いっ!


【朝食2回・昼食・夕食】
7時に出される、朝のコーヒーとパウンドケーキ(バターた~っぷり)もおいしかったのですが、
10時前後に畑で食べる朝食も、おいしそうでした。
バゲット(フランスパン)に、おいしそうなハムやソーセージ・テリーヌなど、
自分の好きなものを挟んで、サンドイッチにして食べます。
ぶどうの収穫1日目画像はこちらに。
残念ながら、朝から肉類は食べられないので、私はチョコレートクリーム。
朝から、冷えたビールやパナッシュ(ビールをサイダーで割る)も用意されています。
私もビールは好きですが、ブリジットのように朝10時からは飲めません…

昼食と夕食は、まずシャンパンで各々乾杯です。
前菜(昼はサラダ類・夜はスープ) メイン(基本はお肉と付け合せの温野菜)
チーズとデザート&コーヒー。
野菜たっぷり、お肉もたっぷりなメニューが6日間続きました。
シャンパンは1人1グラスのみでしたが、ビール・赤ワイン・食後酒は飲み放題。
チーズも色々な種類が用意されていたので、
どれを食べようかと迷いました(6日間で全種類制覇) 

気がつけば、食事の写真が一枚もありません(涙)
残念ですっ!

長くなったので、ぶどうの収穫サイドストーリー2に続けます。

  1. 2008/09/24(水) 15:01:57|
  2. Les vendanges(2008)

ぶどうの収穫サイドストーリー2

ランス 曇り

最終日、午後3時前に全ての収穫が終わりました。
ぶどうの収穫6日目最終日にも書いていますが、
クラクションを鳴らし続けながら、村中に収穫の終わりを知らせます。
正直、最終日が一番楽しかったです。
クラクションを鳴らしたり、ぶどうを投げ合うために、今まで働いていた様子。
この日の夜はフェット(パーティ)でしたが、私は参加せず。

下のYoutubeで昨年2007年の収穫の様子を見ることができます。



そして、マチァスが村の案内をしてくれるというので皆で少し村を歩くことにしました。
まず、山のほうへ登って行きます。
私は途中、転んで(ドジなO型です)変な植物(名前忘れた)に触ってしまい、腕に湿疹ができました。
ブツブツブツ… そして、しびれるように痛いのです(翌日までブツブツとしびれは残ってました)


rdchamp.jpg
Rue de champagne、シャンパーニュと名づけられた道を通り

routechamp.jpg
観光客のたのシャンパーニュ通り。

laba.jpg
昔の洗濯場が残されていて、

laba2.jpg
お花も素敵に飾られていました。

michi.jpg
山へ行くためのこの道で転びました。

ブリジットは、もう歩きたくない… と、この地点で森へ行くのをやめてしまったのです。

mt.jpg
森の中の広場に到着。

mt2.jpg
でも、まだまだ歩きます。


1時間以上も歩いて、マチャスがみんなに見せたかったものは?



次回に続きます…

  1. 2008/09/25(木) 07:54:22|
  2. Les vendanges(2008)
次のページ

プロフィール

ゆうゆう

Author:ゆうゆう
新居浜市内のとある畑のすみっこにて…
プレハブ小屋を改装して、フランスのブロカントを再現した空間 mon grenier がオープンしました。


それに伴い、以前のHPを閉鎖した為、以下のメールアドレスが使えなくなっております。

使えない旧メールアドレス:yukiyoshida●lespoir-antique.ocnk.net

現在のメールアドレス:info●mongrenier4936.com

●を@に置きかえてください


RESERVA予約システムから予約する

経歴はこちらからどうぞ



Click for ランス, フランス Forecast

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

visiteur

order allow,deny allow from all deny from .fr